3リーガ

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

--> メニュー 検索 language アクセス 寄付 アクセス 入試総合サイト 明治大学について 明治大学について 大学紹介 学長室 ビジョン・計画 キャンパス案内 情報公開 明治大学の取り組み 支援をお考えの皆さま 施設貸し出し 採用情報 ガイドブック・広報紙誌 教育/学部・大学院 教育/学部・大学院 学部 法学部 商学部 政治経済学部 文学部 理工学部 農学部 経営学部 情報コミュニケーション学部 国際日本学部 総合数理学部 大学院 専門職大学院 資格課程 共通科目・教育支援 留学 学年暦・シラバス・科目ナンバリング 生涯学習 図書館 情報サービス(パソコン・ネットワーク) 付属高校との連携 研究 研究 研究・知財戦略機構 研究の企画推進 産官学連携 研究機関 学内教員・研究者用サイト 社会連携・社会貢献 社会連携・社会貢献 社会連携機構 地域社会との連携(地域連携推進センター) 生涯学習の拠点(リバティアカデミー) 震災等復興活動 明治大学×SDGs(特設サイト) 国際連携・留学 国際連携・留学 海外留学を希望する方へ 明治大学に在籍する外国人留学生の方へ 明治大学への留学を希望する方へ 国際連携機構 学内教員・研究者用サイト 学生生活 学生生活 相談窓口 学費・奨学金 大学スポーツ(Meiji NOW SPORTS) サークル活動 健康管理・保険 レインボーサポートセンター M-Naviプロジェクト ボランティアセンター 学生生活サポート セミナーハウス 明大サポート(外部サイト) 就職・キャリア 就職・キャリア 就職キャリア支援センター 国家試験指導センター メディア表現ラボ インターンシップ 大学院キャリアサポートプログラム 図書館・博物館等 図書館・博物館等 図書館 博物館・資料館 研究・教育 その他の施設・機関 その他の施設・機関 その他の施設・機関 リバティアカデミー 心理臨床センター 情報基盤本部 明治大学出版会 生田安全管理センター 子どものこころクリニック 各種手続き 各種手続き 各種証明書の申請について  「学校において予防すべき感染症」に罹患した場合の取り扱い ニュース イベント Oh-o!Meijiシステム Meiji Mail 受験生の方 (学部) 受験生の方 (大学院) 生涯学習・ 社会人講座 在学生の方 卒業生の方 保護者の方 企業・ 研究者 ご支援を お考えの方 明治大学へ取材 を希望される方 English Chinese Korean Go Forward 国際日本学部 ホーム 教育/学部・大学院 国際日本学部国際日本学部 ニュース一覧 2021年度 国際日本学部山脇ゼミが東京都主催のダイバーシティ・プレゼンコンテストで最優秀賞を受賞しました 国際日本学部山脇ゼミが東京都主催のダイバーシティ・プレゼンコンテストで最優秀賞を受賞しました Tweet 2021年10月14日明治大学 国際日本学部 山脇ゼミのプレゼンの様子 山脇ゼミのプレゼン・チーム 山脇ゼミの実行委員 山脇ゼミの集合写真 プレゼン・チームと山脇教授 2021年10月10日に、都内5大学のゼミが参加するダイバーシティ・プレゼンコンテスト「ダイバーシティ&インクルージョン—大学生が考える東京の未来」が東京国際フォーラムにて開催されました。明治大学国際日本学部の山脇ゼミ(多文化共生論)から3年生4名が出場し、最優秀賞を受賞しました。優秀賞は、中央大学の李里花ゼミが受賞しました。 出場したのは中央大学、東京女子大学、法政大学、明治大学、早稲田大学のゼミの5チームで、出場大学で組織したプレゼンコンテスト実行委員会が企画運営を担当しました。また、当日は山脇ゼミが会場スタッフを務めました。今年は、新型コロナウイルスの影響により、人数を減らした対面形式とZOOMを利用したオンライン形式を併用したハイブリッド開催となりました。 本コンテストの実施にあたって電通ダイバーシティラボのご協力をいただきました。9月に、オンラインでプレゼン中間報告会が行われ、全出場チームが電通ダイバーシティラボの方からプレゼン内容についてアドバイスをいただきました。 本プレゼンコンテストは、東京都主催の「ヒューマンライツフェスタ2021」の一環として実施されました。2015年以来、同フェスタの一環として、多文化共生をテーマに5回のコンテストが実施されました。昨年度は、コロナウイルスの影響でヒューマンライツフェスタが開催できない中、学生有志で開催したプレゼンコンテストにて「ダイバーシティ&インクルージョン」という、多文化共生からさらに拡大したテーマを採用し、今年度も同じテーマでプレゼンコンテストを開催いたしました。山脇ゼミは、初年度(2015年度)に最優秀賞を受賞した後、2017年から最優秀賞の受賞が続き、今年で5年連続となります。 審査員は、東京都総務局人権部長の吉村幸子さま、一般財団法人東京都つながり創生財団常務理事の田中延広さま、BBCグローバルニュースジャパン株式会社代表取締役マネージングダイレクターの相川浩太郎さまに務めていただきました。 出場チームとプレゼンテーマは以下の通りです。(出場順) ・明治大学 山脇啓造ゼミ 「Cxielarko(ちえるあるこ)~共に彩る、東京の未来~」 ・東京女子大学 新居みどりゼミ 「TOKYO Woman’s Career Project ~女性視点から多文化共生への歩み~」 ・早稲田大学 山西優二ゼミ 「外国人差別と意識改革」 ・中央大学 李里花ゼミ 「東京都の留学生が抱える問題 ~インクルーシブ社会への架け橋~」 ・法政大学 松尾知明ゼミ 「POSSO? ~私が、あなたが、できること~」 山脇ゼミのプレゼンでは、外国人住民が地域社会に居場所を見出し、日本社会の一員と感じられる社会の実現のため、「Cxielarko」(ちえるあるこ)というスペースを中野区につくるという提案を行いました。外国人と日本人がお祭りなどのイベントづくりで協働することで、共に日本社会をつくるという意識を創出することをめざして、このような提言を行いました。 以下、プレゼンチームと実行委員のコメントです(いずれも国際日本学部3年)。 〈出場者の感想〉 5連覇のプレッシャーに押し潰されそうになりながらも、最後までやり切ることができたのは、山脇先生や先輩方、同期、そして素晴らしいプレゼンメンバーがいたからです。連日の話し合いは大変なこともありましたが、終わってみると、私たちの描く未来実現を考え続けた時間は、とても幸せでした。こんなかけがえのない経験ができたのも、山脇ゼミに入ったからです。今後も多文化共生の実現に向けて頑張ります。支え続けてくださった皆様、本当にありがとうございました!(古賀朝子) 最優秀賞受賞、本当に嬉しく思います。これまで感謝しきれないほど、本当に沢山の方々に支えて頂きました。5連覇が懸かっているという重圧の中、最高のプレゼンに向けて数えきれないほどのミーティングを重ねてきました。挫けそうになる場面も多々ありましたが、励まし合って全力で完走できたのは間違いなくプレゼンメンバーのお陰です。来年は、先輩として全力で6連覇に向けて後輩を支えていきたいと思うので、熱意ある山脇ゼミ13期の入室をお待ちしております!(佐藤優香子) 5連覇というプレッシャーの中でしたが、先生や先輩方、同期の支えのおかげで何とかやり切ることができました。何度も白紙に戻り苦しんだことも、連日の深夜ミーティングも、今では良い思い出です。また、この機会に沢山のヒアリングを行い、改めて多文化共生分野について活動する大切さを実感しました。今回得た絆や知識を財産とし、今後も精力的に活動していきます!山脇ゼミに入ってよかったです!応援してくださった皆様、ありがとうございました!(土橋成実) メンバーが決まってから約半年間、時には時間を忘れて早朝まで、何度も議論を重ねてきました。その結果、私たちの想いすべてが詰まったプレゼン内容と全力のパフォーマンスで最優秀賞をいただけたことを本当に嬉しく思います。あの緊張と感動は一生忘れられません。5連覇に向けて必死になって、自分たちのプレゼンをつくり上げる過程もまさしく、協働でした。メンバーはもちろん、先生や先輩方、実行委員や12期のみんな等支えてくれたすべての方々に感謝でいっぱいです。(松村有理惠) 〈実行委員の感想〉 今はまず、無事にコンテストを開催し、5大学の皆さんの発表を見届けることができたことにホッとしています。沢山の時間と労力を費やして作り上げてきて下さった皆さんのプレゼンには本当に心を揺さぶられました。私自身が運営としてこのコンテストに関われたこと、とても誇りに感じます。長期間開催に向けて一緒に準備してきてた実行委員のメンバー、東京都の担当者の方、協力して下さった全ての皆様に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。(実行委員長 大島沙也) はじめに、大会を開催するにあたり、東京都をはじめとする様々な団体にご協力いただきました。この場を借りて感謝申し上げます。今年度はZOOMを利用しながら計画し、本番では対面形式も含めたプレゼンコンテストを開催することができ、非常に達成感がありました。5大学のプレゼンを見ることで、自分が詳しくない問題についての気づきもあり、非常に有意義な大会であったと感じます。(副委員長 日高悠希) 直前までどうなるかわかりませんでしたが、人数制限がありながらも会場にお客さんを入れて無事開催することができ、とても良かったです。また各大学の個性豊かなプレゼンを見れたことは自分にとっても多くの学びがありました。来年以降もこのような素敵な大会が続いていくことを願っています! (田中柚希) 今年度は対面とオンラインのハイブリッドで行う形となり、初の試みでイメージもつかみ辛かったので不安もありましたが、無事大会を終えることができて本当に良かったです。協力してくれた東京都をはじめとする多くの方々、本番で最高のプレゼンをしてくれた5大学の方々に深く感謝したいです。(盛永樹)                                                                                                                   (日高悠希) この記事に関連するページ 演習(ゼミナール)紹介[山脇 啓造 YAMAWAKI Keizo] 国際日本学部 ニュース一覧 2021年度 国際日本学部 教育目標及び3つのポリシー 概要 国際日本学部とは 学部長インタビュー カリキュラム カリキュラム 卒業単位数および卒業要件 履修例(2013年度以降入学者) 科目紹介 英語教育の特徴 日本語教育人材育成プログラム 演習(ゼミナール) イントロダクション ゼミ一覧 ゼミ概要紹介 海外留学 中長期留学プログラム 短期留学プログラム English Track 専任・特任教員一覧 入試情報 学部別入学試験・全学部統一入学試験・大学入学共通テスト利用入学試験 出題のねらい(学部別入学試験) 総合型選抜・その他 外国人留学生入試 学費・奨学金 学費 奨学金 就職キャリア支援 就職活動体験記【MEIJINOW】 中野キャンパス事務取扱 国際日本学部 刊行物 国際日本学研究 国際日本学部 学生論集 ニュース・イベント一覧 ニュース一覧イベント一覧 事務室からのお知らせ 窓口開室時間 学年暦 証明書発行 中野キャンパス事務取扱 中野キャンパスにおける安全管理(学内からのみ閲覧可) 在学生向け 国際日本学部シラバス・時間割表・便覧/SGJS Syllabus, Class Schedule, Catalog 定期試験について/About the Final ExaminationQ&A 各種申請・届出 HPに掲載する情報募集 Oh-o! Meiji System Meiji Mail 受験生向け Q&A 国際日本学部への入学を希望する留学生のみなさんへ Step into 国際日本学部 学外者向け 本学部専任教員への委嘱依頼について 教員公募 関連情報 国際日本学研究科 科目等履修生 ラーニング・ラウンジ(Learning Lounge)リンク 卒業生の声 入学を希望する留学生のみなさんへ Walt Disney World (R) インターンシップ 国際交流学生委員会Global Japanese Studies Student Committee 「国際日本研究」コンソーシアムConsortium for Global Japanese Studies Concept:前へお問い合わせ情報公開採用情報情報サービスプライバシーポリシーこのサイトについてサイトマップSNSアカウント一覧Meiji.netニュースレター &#169; Meiji University,All rights reserved.

スポーツベットアイオーにベットスリップ共有機能が登場! ブラックジャックカジノ daznカスタマーセンター ユーログランドカジノ
Copyright ©3リーガ The Paper All rights reserved.