ボンズカジノのソーシャルログイン方法をご紹介!

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

  教員データベース    TOPページ       著書・論文 学会発表 学歴 職歴 学内役職・委員 教育上の業績 主要学科目 所属学会 職務上の実績 社会における活動 研究課題・受託研究・科研費 委員会・協会等 ホームページ メールアドレス 受賞学術賞 現在の専門分野 担当経験のある科目・講演等     (最終更新日:2024-03-27 22:08:44)   ミズノ カツシ   Mizuno Katsushi   水野 勝之    所属   明治大学  商学部    職種   専任教授 ■ 著書・論文 1. 2024/02 論文  地域産業分析比較計量経済モデルの開発-地域鉄鋼業比較を例として-(学会誌) 地域経済学研究第45・46合併号 45・46,29-40頁 (共著)  2. 2023/09 著書  すばらしい未来に向けた環境予想―専門家30名による明日へのヒント―   (共著)  3. 2023/08 著書  変革と共存の現代経済史-日米中の経済力学を解き明かす-   (共著)  4. 2023/08 著書  負効率の経済学: マイナスからプラスを生む思考のすすめ   (共著)  5. 2023/05 著書  地方創生読本-千葉県浦安市編-   (共著)  6. 2023/05 著書  花きの計量経済分析   (共著)  7. 2023/03 著書  地方創生読本-北海道浦幌町編-   (共著)  8. 2023/03 論文  投入財費用の生産量弾力性による林業及び製材・木製品業分析 明大商学論叢 105(2),1-11頁 (共著)  9. 2022/12 論文  SDGsおよびカーボンニュートラル実現のための廃棄物処理業分析(学会誌)  60,77-84頁 (共著)  10. 2022/04 著書  ウンチの経済学   (共著)  11. 2022/03 論文  東京革製雑貨産業の特性化と優位性に関する研究 長崎県立大学論集(経営学部・地域創造学部) 55(4),235-257頁 (共著)  12. 2022/01 論文  規模の弾力性を応用した新たな経済指標(K-指標)の開発 明治大学商学論叢 104(1),25-36頁 (共著)  13. 2021/12 論文  「『coreecon』第8章を活用したオンライン講義の報告」 経済教育 40,97-100頁 (共著)  14. 2021/11 著書  新行動経済学読本-地域活性化への行動経済学の利用法-   (共著)  15. 2021/09 著書  イノベーションの未来予想図-専門家40名が提案する20年後の社会   (共著)  16. 2021/04 著書  基本経済学視点で読み解くアベノミクスの功罪   (単著)  17. 2021/03 論文  Analysis of the Ratchet Effect on Total Factor Productivity in Japanese Agriculture 明治大学商学論叢 103(2),pp.1-10 (共著)  18. 2021/01 論文  Recovery of steel manufacturers in Urayasu, an area stricken by the Great East Japan Earthquake 明治大学商学論叢 103(1),pp.17-26 (共著)  19. 2020/10 論文  Potential Cooperation in Japan-Korea potted Flower Market Expansion 明治大学 経済教育研究センターワーキング・ペーパーISSN 2435-5941 (6) (共著)  20. 2020/09 論文  需要曲線を描く一試行(学会誌) 経済教育 (39),134-140頁 (単著)  21. 2020/08 著書  コロナ時代の経済復興-専門家40人からの明日への緊急提案-   (共著)  22. 2020/08 論文  『COOREECON(ユニット16)』の授業報告 明治大学 経済教育研究センターワーキング・ペーパーISSN 2435-5941 (4) (共著)  23. 2020/05 論文  書評「『武器貿易条約―人間・国家主権・武器移転規制』榎本 珠良、晃洋書房、2020年3月発刊、p.258。」 明治大学広報 (739) (単著)  24. 2020/04 著書  ドラマで学ぼう! 統計学〜森の中の物語〜  1-229頁 (共著)  25. 2020/04 著書  防衛の計量経済分析   (共著)  26. 2020/03 論文  COREECON』活用授業の統計分析結果の検証と問題点の改善試案 明治大学 経済教育研究センターワーキング・ペーパーISSN 2435-5941 (2) (共著)  27. 2020/03 論文  『COOREECON(ユニット8)』指導指針の考察 明治大学 経済教育研究センターワーキング・ペーパーISSN 2435-5941 (1) (共著)  28. 2020/03 論文  花き生産における全要素生産性ラチェット効果分析 明治大学商学論叢 102(1),43-52頁 (共著)  29. 2020/03 論文  規模の弾力性及び全要素生産性の新たな計算手法の開発―小規模市町村製造業の計量経済分析を例として― 明治大学商学論叢 102(4),15-26頁 (共著)  30. 2019/11 著書  林業の計量経済分析  1-123頁 (共著)  31. 2019/03 論文  Marketing Analysis of Japanese Tree Species The Need to Diversify the Uses of Wood  101(4),pp.11-21 (共著)  32. 2019/02 論文  Developing and Calculating an Inter-Industry Transaction Efficiency Index for the Japanese Defense Sector  101(3),pp.17-27 (共著)  33. 2019/02 論文  Marketing Considerations in the Japanese Flower Market  30(6),pp.57-67 (共著)  34. 2018/12 論文  An Analysis of Japanese Defense Using the General Residual Error Theory of Utility journal of Kyusyu economic association 58,pp.13-18 (共著)  35. 2018/12 論文  An Analysis of the Industrial Transaction Efficiency Index for Forestry 明治大学商学論叢 101(1),1-11頁 (共著)  36. 2018/11 著書  余剰分析の経済学   (共著)  37. 2018/09 論文  ペーパータワーを用いた授業開発の取り組み 経済教育 37,155-166頁 (共著)  38. 2018/08 論文  Applied Study of a CES Utility Function Based on a Trial of a New Sakhalin Spruce Product Integrating Economics and Science Web of Fourteenth Annual Conference of Asia-Pacific Economic Association  (共著)  39. 2018/08 論文  Comparative Study of Forestry in New Zealand and Japan 日本ニュージーランド学会誌 25,45-55頁 (共著)  40. 2018/03 論文  A Cliometric Analysis of Japan Military Affairs between Two World Wars 明治大学商学論叢 100(3),15-28頁 (共著)  41. 2018/03 論文  Visualization of current state of forestry in Southeast Asiapp.1-14 明治大学商学論叢 100(3),1-14頁 (共著)  42. 2017/12 論文  Econometric Research on defeating the shrinking equilibrium of Japanese forestry 明治大学商学論叢 100(1),19-33頁 (共著)  43. 2017/12 論文  名古屋市鉄鋼産業の優位性 松山大学論集 29(5),189-200頁 (共著)  44. 2017/03 著書  新テキスト経済数学   (共著)  45. 2017/03 論文  Breaking Open the Closed Nature of Japanese Forestry International Journal of Social Science Studies 5(3),pp.37-44 (共著)  46. 2017/02 論文  Construction steps of 4X4 I‐O table including the defense sector 明治大学商学部ディスカッションペーパー  (単著)  47. 2016/12 論文  Economic Mathematics Innovation in Japan International Journal of Social Science Studies 4(12),pp.6-17 (共著)  48. 2016/12 論文  Plant to Implement Halt Index under 3 General Rules of Defense Armament Transfer: Development of New Index that Will Replace 1% Framework of GDP International Journal of Social Science Studies 4(12),pp.39-46 (共著)  49. 2016/10 著書  ミクロ経済学 『エレメンタル現代経済学』金子邦彦編著所収 17-43頁 (共著)  50. 2016/08 論文  Verification of the Japanese Government’s Level of Utility with Respect to Defense: Creation and Measurement of an MAI-I Model International Journal of Social Science Studies 4(8),86-94頁 (共著)  51. 2016/06 論文  Relation between Total Factor Productivity and Utility Journal of Human Resource and Sustainability Studies 4(2),pp.130-142 (共著)  52. 2013/10 論文  Empirical Analysis of Differences in Wages due to Usage of Annual Paid Leave among Male Workers:Interview Survey Results 明治大学商学論叢 96(1),1-10頁 (共著)  53. 2012/09 論文  「東日本大震災ボランティアを通しての経済教育で学生を育てる!」 経済教育 (31),16-18頁 (単著)  54. 2012/09 論文  広域連携における経済教育の課題克服のための工夫 経済教育 (31),41-47頁 (単著)  55. 2011/10 論文  「広域連携における経済教育の課題克服のための工夫」 経済教育 (30),115-119頁 (共著)  56. 2010/09 論文  不況期における模擬ベンチャー体験授業の成果と課題 経済教育 (29),59-64頁 (単著)  57. 2008/12 論文  「パーソナル・ファイナンス・リテラシーに関する日米比較」-「パーソナル・ファイナンス初級テスト」の結果分析から- 経済教育 27号 (共著)  58. 2008/12 論文  「社会活動とその統計分析を通しての経済教育」 経済教育 27号,117-121頁 (共著)  59. 2008/03 論文  「地域連携支援学」 明治大学商学論叢現代GP特別号 第90巻,43-58頁 (共著)  60. 2008/03 論文  「子供と金銭教育」 明治大学商学論叢現代GP特別号 第90巻,89-99頁 (共著)  61. 2008/03 論文  「小学校における環境経済教育」 明治大学商学論叢第90巻現代GP特別号 第90巻,77-87頁 (共著)  62. 2008/03 論文  「空き店舗事業に関する一考察」-空き店舗事業の可能性- 明治大学商学論叢現代GP特別号 第90巻,59-75頁 (共著)  63. 2008/03 論文  「群馬県嬬恋村の定住促進に関する一提案」pp.113-118(2008年3月26日)共著 明治大学商学論叢現代GP特別号 第90巻 (共著)  64. 2008/03 論文  「金銭教育実施による姉妹都市連携事業強化の考察」 明治大学商学論叢現代GP特別号 第90巻,101-112頁 (共著)  65. 2007/12 論文  経済リテラシーに関する日米大学生の国際比較 経済教育 26号,98-108頁 (共著)  66. 2007/03 論文  平成17年度千代田区昌平小学校における金銭教育 明治大学商学論叢現代GP特別号 第89巻,101-113頁 (共著)  67. 2007/03 論文  群馬県嬬恋村活性化に関する一考察 明治大学商学論叢現代GP特別号 第89巻,115-128頁 (共著)  68. 2007/02 著書  子どもと地域のまちづくり  p.ⅵ-p.ⅹⅴ、pp177-pp180頁   69. 2007/01 著書  日本一学-浦安編  1月20日頁 (共著)  70. 2006/11 論文  産官学民連携による空き店舗事業を通しての商学教育の実践 経済教育 25,99-106頁 (単著)  71. 2006/06 著書  エコノミクス   (単著)  72. 2005/12 論文  一般廃棄物処理の有料化とリバウンドに関する理論実証分析 九州経済学会年報 第43号 (共著)  73. 2005/10 論文  「フリッシュ指数計測を通しての消費の質の指数の分析」 明治大学社会科学研究所紀要 第44(第1) (単著)  74. 2005/09 論文  地域貢献のパフォーマンスを伴った経済教育 経済教育 24,94-98頁 (単著)  75. 2005/05 著書  マクロ経済学&日本経済   (単著)  76. 2004/09 論文  外部の力を活用した経済学教育 経済教育 23,60-66頁 (単著)  77. 2004/04 著書  経済学の世界  89-118頁 (共著)  78. 2001/10 著書  どうなってるの!?日本の経済  1-228頁 (単著)  79. 2000/03 著書  入門編テキスト経済数学  1-163頁 (単著)  80. 1999/03 著書  テキスト計量経済学 中央経済社 1-200頁 (単著)  81. 1999/03 論文  中国35都市における消費の質的指数の計測 明大商学論叢 81(1,2),143-162頁 (単著)  82. 1998/09 著書  経済指数の理論と適用   (単著)  83. 1998/02 論文  食肉市場における「基数的効用」および「効用への外的要素寄与率」の計測 明治大学商学論叢 第80巻第3・4号合併号(山口孝教授古稀記念号),249-268頁 (単著)  84. 1997/05 著書  マクロ経済分析入門 創成社 261頁 (単著)  85. 1997/04 著書  テキスト経済数学  1-218頁 (単著)  86. 1996 論文  真の指数とそのシステム -ワイド.アプローチへの応用 明治大学商学研究所明治大学商学論叢 78巻 4号,73-90頁 (単著)  87. 1995 論文  効用への外的要素寄与率計測理論 貯蓄経済研究センター貯蓄経済理論研究会年報 第10巻,221-239頁 (単著)  88. 1993 論文  基数的効用算出の一試論 貯蓄経済研究センター貯蓄経済理論研究会年報 第9巻,161-172頁 (単著)  89. 1992 著書  システム -ワイド・アプローチの理論と応用 -計量経済モデルの新展開 - 梓出版 1-229頁 (単著)  90. 1992 論文  Σ -QES需要関数とフリッシュモーメント 貯蓄経済理論研究会年報 8,149頁 (単著)  91. 1991 著書  ディビジア指数 創成社 1-236頁 (単著)  92. 1990 著書  計量経済分析入門 泉文堂 29-79.101-177.207 -230頁 (共著)  93. 1990 論文  技術進歩率計測の一般化残差理論 貯蓄経済研究センター貯蓄経済理論研究会年報 第6巻,185-202頁 (単著)  94. 1989 論文  システム -ワイド・アプローチの現実経済分析への適用可能性 - 九州経済学会九州経済学会年報 119-125頁 (単著)  95. 1989 論文  貨幣需要関数に関する一考察 (上) 北九州大学商経学会北九州大学商経論集 24巻3号,127-147頁 (単著)  96. 1989 論文  貨幣需要関数に関する一考察 (下) 北九州大学商経学会北九州大学商経論集 24巻4号,61-83頁 (単著)  97. 1988 論文  CES型効用関数に関する一考察 貯蓄経済研究センター貯蓄経済理論研究会年報 第4巻,231-243頁 (単著)  98. 1988 論文  システム -ワイド・アプローチにおける攪乱項の統計的研究 北九州大学商経学会北九州大学商経論集 23巻3号,135-158頁 (単著)  99. 1988 論文  ディビジア指数と貨幣数量説 北九州大学商経学会北九州大学商経論集 24巻1号,141-163頁 (単著)  100. 1987 論文  CES型生産関数と技術選択 北九州大学商経学会北九州大学商経論集 40周年記念号,117-136頁 (単著)  101. 1986/03 論文  システム-ワイド・アプローチにおける消費理論の理論的・実証的研究 北九州大学商経論集 21(4),109-137頁 (単著)  102. 1986 論文  システム -ワイド・アプローチとトランスログ生産関数 - 貯蓄経済研究センター貯蓄経済理論研究会年報 第2巻,95-112頁 (単著)  103. 1985/09 論文  技術進歩理論についての一考察-一般化残差理論とH.タイルのシステム-ワイ ド・アプローチ- 北九州大学商経論集 21(1),65-90頁 (単著)  104. 1985/03 論文  質的生産指数-システム-ワイド・アプローチの統計的分析- 早稲田大学大学院経済学研究科年報 (24),100-113頁 (単著)  105. 1985 論文  現代世界経済論 税務経理協会 111-136頁 (共著)  5件表示 全件表示(105件) ■ 学会発表 1. 2024/03/18 The economic efficiency of forestry in Southeast Asia and symbiosis with nature conservation(98th Agricultural Economics Society Conference) 2. 2023/12/02 情報サービス業の伸び悩みを示す市場構造- 規模に関して“大きく”収穫逓増する産業に関する考察 -(九州経済学会第73回大会) 3. 2023/09/23 Active role of Japanese high school students as a social contribution labor force(62nd Financial Literacy & Economic Education Conference) 4. 2023/09/16 コロナ禍と年次有給休暇に関する一考察(日本経済学会2023年度秋季大会) 5. 2023/09/16 浦安市・名古屋市・松山市の鉄鋼業における規模の経済性・限界シェア・質的指数の比較分析(日本経済学会2023年度秋季大会) 6. 2023/08/24 Changes in educational content from the learner's perspective(2023 Summer Seminar of Korea Economic Education Association) 7. 2023/03/28 Empirical Analysis of the lumber/wood products industry and forestry in Japan(97th Agricultural Economics Society Conference) 8. 2022/10/16 システム-ワイド・アプローチ理論による投入財費用対総生産量の弾力性計測を通じた林業及び製材・木製品業分析(2022年度日本経済学会秋季大会) 9. 2022/10/02 うらほろスタイルについて(経済教育学会第38回 全国大会) 10. 2022/10/02 子どもたちで創るまちづくり〜主体性をもち 生涯を通じて学ぶ人づくり〜(経済教育学会第38回 全国大会) 11. 2022/09/17 Utilization of Online Free Economics Textbook "COREECON" in Japan and Asia(71st Midwest Conference on Asian Affairs (MCAA 2022)) 12. 2022/08/25 코로나 19 상황에서 한일경제교류의 필요성(2022 Summer Seminar of Korea Economic Education Association) 13. 2022/05/28 金融業の規模の弾力性分析 -現実理論としての0次同次性-(2022年度日本経済学会春季大会) 14. 2022/04/05 Analysis of income elasticity regarding the consumption of cut flowers in Japan,(AES 96th Annual Conference) 15. 2022/03/12 規模の弾力性が1でないケースでの中国技術進歩率と雇用者数に対しての影響(情報コミュニケーション学会第19回全国大会) 16. 2022/03/05 『coreecon』第 8 章による有意義なオンライン講義を目指して(経済教育学会2022 年春季研究集会) 17. 2021/12/04 SDGsおよびカーボンニュートラル実現のための廃棄物処理業分析(九州経済学会第71回大会) 18. 2021/10/31 コロナ禍における地域研究の考察(経済教育学会第37回 全国大会) 19. 2021/10/26 A Trace of Implementing Economic Education in Japan(International Conference of Economic Education in East Asia) 20. 2021/10/09 規模の弾力性を応用した新たな経済指標(K指標)の開発(2021年度日本経済学会秋季大会) 21. 2021/10/08 How a guidebook for English and economics learning has been developed – with some contribution to learning process(23rd European Economics Education Conference) 22. 2021/06/12 東京城東地域における 革製雑貨産業の稼ぐ力と優位性(2021 年度(第 59 回)産業学会全国大会) 23. 2021/03/21 CORE プロジェクトは分かりやすい副教材となりえる のだろうか(経済教育学会第36回 全国大会) 24. 2021/03/21 供給曲線を描く一試行(経済教育学会第36回 全国大会) 25. 2021/03/07 産業にかかる技術進歩率の計測および K-指標の試作(情報コミュニケーション学会 第 18 回全国大会) 26. 2020/12/16 Potential Cooperation in Japan-Korea Flower Market Expansion(The 3rd Asian Horticultural Congress (AHC2020) 現地及びオンライン開催) 27. 2020/05/31 「地域産業分析比較計量経済モデルの開発-地域鉄鋼業比較を例として-」(2020年度日本経済学会春季大会(オンライン)) 28. 2020/03/01 「レブンアツモリソウ活⽤による礼⽂島活性化に関する考察」(情報コミュニケーション学会第17回全国大会) 29. 2019/12/07 認知能力と非認知能力を涵養するための経済教育(九州経済学会第69回大会) 30. 2019/10/13 花き生産における全要素生産性ラチェット効果分析(2019年度日本経済学会秋季大会) 31. 2019/10/04 Practice of active learning of economic education in foreign countries(58th Annual Financial Literacy & Economic Education Conference) 32. 2019/09/29 ミクロ経済学基本理論の実証化の工夫(第35回経済教育学会全国大会) 33. 2019/08/22 일본의 경제 데이터를 이용한 수요곡선 공급곡선의 도출법(2019 Summer Seminar of Korea Economic Education Association) 34. 2019/07/04 The Current Conditions, Problems, and Economic Effects of the "Coming of Age Ceremony" in Japan(Japanese Studies Association of Australia Biennial Conference 2019,) 35. 2019/06/07 The Relationship between Economy and Happiness in Japan(ASPAC (ASIAN STUDIES ON THE PACIFIC COAST)2019 Conference) 36. 2019/04/16 A Comparison of Profitability of Production by Flower Type in Japan(93rd Agricultural Economics Society Conference) 37. 2019/03/23 CORE-ECON『ユニット1,8,9,16』の指導者用ガイドブックの作成(経済教育学会春季大会) 38. 2018/10/05 Active learning in Japan through elementary school and university collaboration(57th Annual Financial Literacy & Economic Education Conference) 39. 2018/09/30 CORE教科書ユニット1のガイドブックモデル作成の試み(経済教育学会第34回全国大会) 40. 2018/09/22 Research on the Degree of Intra-Dependence between Mining and Other sectors of Mongolian Economy(2018 New York Conference on Asian Studies) 41. 2018/08/26 経済教育の現代的課題(第3回経済教育学会地域研修会) 42. 2018/08/24 Challenges in utilizing CORE-ECON in the Asian region(2018 Summer Seminar of Korea Economic Education Association) 43. 2018/08/14 State of annual paid leave Doctors working conditions(The First Economic, Law, Education and Humanities International Conference (1st ELEHIC 2018)) 44. 2018/08/04 Applied Study of a CES-Type Utility Function Based on a Trial of a New Sakhalin(Fourteenth Annual Conference of Asia-Pacific Economic Association) 45. 2018/07/03 アカエゾマツ経済学的アプローチの国際化の試み(第6回アカエゾマツサミット(in 旭川市)) 46. 2018/04/17 Measurement of total factor productivity growth rate of agriculture in Southeast Asia and analysis of its ratchet effect(91st Agricultural Economics Society Conference) 47. 2018/03/13 English Economics Education at Meiji University(Workshop of Coreecon) 48. 2017/12/10 都市型「雑貨」地場産業の優位性---東京城東地域を事例として---(日本地域経済学会第29回全国大会) 49. 2017/12/09 効用の一般化残差理論による日本の防衛についての分析(九州経済学会第67回大会) 50. 2017/11/05 医師の個人属性と年休取得の因果関係に関する考察(第90回日本社会学会大会) 51. 2017/10/21 Industrial-structure analysis of Mongolia(環太平洋産業連関分析学会第28回(2017年度)大会) 52. 2017/10/07 ニュージーランド林業と日本林業の比較(日本ニュージーランド学会第78回研究会) 53. 2017/10/01 学生版COREプロジェクトガイドブックの作成-学生の学生による学生のためのガイドブック-(経済教育学会第33回大会) 54. 2017/09/23 An Analysis of Marketing in the Japanese Flower Market(New York Conference on Asian Studies (NYCAS) 2017) 55. 2017/08/23 CORE Project Education through the Japan Society for Economic Education (JSEE)(2017 Summer Seminar of Korea Economic Education Association) 56. 2017/06/24 東日本大震災被災地・浦安市鉄鋼業復活の背景(2017年度日本経済学会春季大会) 57. 2017/06/03 医師社会の特異性からなる年休未取得の構造(第65回関東社会学会大会) 58. 2017/04/25 Analysis of the Ratchet Effect on Total Factor Productivity in Japanese Agriculture(91st Agricultural Economics Society Conference) 59. 2017/02/10 Practice and effect of project learning -Regional industry promotion cooperative learning-(2017 Winter Seminar of Korea Economic Education Association) 60. 2017/02/10 Strengthening the relationship between Korea Economic Education Association and Japan Society of Economic Education, and defining what it means to work together(2017 Winter Seminar of Korea Economic Education Association) 61. 2016/12/03 日本における政府の防衛に対する効用水準の検証(九州経済学会第66回大会) 62. 2016/10/15 Breaking Open the Closed Nature of Forestry(The 65th Midwest Conference on Asian Affairs Annual Meeting) 63. 2016/09/11 経済数学教育の新たなテキスト作り(経済教育学会第32回全国大会) 64. 2016/08/23 Pedagogical innovation for the acquisition of mathematical knowledge for improving students understanding of economics in Japanese higher education(21st European Economics Education Conference) 65. 2016/07/05 Relation between Total Factor Productivity and Utility(ASIAN STUDIES ASSOCIATION OF AUSTRALIA 21st BIENNIAL CONFERENCE) 66. 2016/05/28 林業の全要素生産性と効用の関係についての研究(経済統計学会関西支部例会) 67. 2014/02 Japanese Economic Education(2014 Winter Seminar of Korea Economic Education Association) 68. 2013/12 年休取得の6類型に関する経済分析―労働社会学の成果と応用―(九州経済学会第63回大会) 69. 2013/03/17 大学と連携した震災復興ソーシャルビジネス(日本NPO学会第15回年次大会(於:東洋大学)) 70. 2012/12/01 なぜ若手医師は年休を取得しない(できない)のか?(九州経済学会第62回大会) 71. 2012/09/30 震災復興コミュニティビジネスの実践教育(経済教育学会第28回全国大会(於明治大学)) 72. 2012/06/24 コメント:矢野 峰生氏 「コミュニティビジネスの外部性と地域ブランド構築」(生活経済学会第28回研究大会) 73. 2012/01/28 明治大学復興支援センターの取り組みから:浦安ボランティア拠点の経験を中心にして―(早稲田大学シンポジウム「社会とつながる学生ボランティア―大学による震災復興支援ボランティアの取り組み」) 74. 2011/10/01 「ソーシャルビジネス教育の試行」(経済教育学会第27回全国大会) 75. 2011/10/01 東日本大震災ボランティアを通しての経済教育で学生を育てる!(経済教育学会第27回全国大会) 76. 2011/10/01 東日本大震災ボランティアを通しての経済教育で学生を育てる!(経済教育学会第27回全国大会パネルディスカッション) 77. 2011/03/28 新しいキャリア教育の在り方について(経済教育学会春季研修会) 78. 2010/09/26 「広域連携による経済教育の課題克服のための工夫」(経済教育学会第26回全国大会(於京都橘大学)) 79. 2009/12/23 地域活性化システム論(北海道浦幌町地域再生を考える町民フォーラム) 80. 2009/09/27 「不況期における模擬ベンチャー体験授業の成果と課題」(経済教育学会第25回全国大会(2009年9月27日、於関西大学)) 81. 2009/03/28 子育ち、親育ち共育支援プロジェクト(大妻女子大学さくら茶フェスティバル2009IN大妻シンポジウム) 82. 2008/12 「労働組合と年次有給休暇」(九州経済学会第58回大会) 83. 2008/11/29 現代GP4年間の総括(明治大学商学部質の高い大学教育推進プログラム採択記念シンポジウム第2部現代GP成果報告会) 84. 2007/12/09 「パーソナル・ファイナンス・リテラシーに関する日米大学生の国際比較」(経済教育学会第23回全国大会(2007年12月9日、於福岡教育大学)) 85. 2007/12/09 「模擬ベンチャー体験と経済教育」(経済教育学会第23回全国大会(2007年12月9日、於福岡教育大学) 86. 2007/12/09 「社会活動とその統計分析を通しての経済教育」(中村理香子、杉本良平他共同報告)経済教育学会第23回全国大会(2007年12月9日、於福岡教育大学)(経済教育学会第23回全国大会) 87. 2007/12 家計や企業の期待を盛り込んだ景気判断に関する考察(九州経済学会第57回大会(2007年12月8日、於九州大学)) 88. 2006/12/02 農業ビジネスと企業―大学ベンチャー企業による農業ビジネスへの進出と関与の効果―(NPO法人農業情報総合研究所シンポジウム) 89. 2006/12 学内ベンチャーに関する報告‐ダビンチ展の事例‐(日本経営システム学会インターンシップおよび大学教育改革GP成果研究部会(2006年12月12日、於明治大学)) 90. 2006/11 経済リテラシーに関する日米大学生の国際比較:第7回生活経済テストの結果を中心にして(経済教育学会第22回全国大会(2006年11月26日、於嘉悦大学)) 91. 2006/10/22 市区町連携による相互経済の活性化(明治大学社会科学研究所「まちおこしと大学・地域の教育力」シンポジウム) 92. 2006/03/07 ネットワークを広げよう!浦安NPO法人シンポジウム―人づくり街づくり報告会―(明治大学商学部現代GPシンポジウム) 93. 2005/12 安全保障と経済効果(九州経済学会第55回大会(2005年12月17日、於九州大学)) 94. 2005/12 年休未取得要因分析を通しての雇用創出シミュレーション(九州経済学会第55回大会(2005年12月17日、於九州大学)) 95. 2005/12 産官学民連携による空き店舗事業を通しての商学教育の実践(経済教育学会第21回全国大会(2005年12月4日、於弘前大学)) 96. 2004/12 一般廃棄物の有料化とリバウンドに関する実証研究(九州経済学会第54回大会(2004年12月4日、於九州大学)) 97. 2004/12 地域貢献のパフォーマンスを含めての経済教育(経済教育学会第20回全国大会(2004年12月5日、於松本大学)) 98. 2003/11 経済教育を通して人間性を育てる(経済学教育学会第19回全国大会) 99. 1996/11 「ディビジア指数とフリッシュ指数の現実経済分析への適用可能性」(経済統計学会関東部会) 100. 1993/10 消費におけるシステム-ワイド・アプロ-チの応用(第106回貯蓄経済理論研究) 101. 1993/05 「ディビジア指数とフリッシュ指数に関する一考察」口頭発表(経済統計学会九州部会) 102. 1991/07 「生産効率性測定指数の研究」口頭発表(日本統計学会) 103. 1990/11 技術進歩率計測の一般化残差理論(第77回貯蓄経済理論研究会) 104. 1989/01 貨幣需要関数とディビジア金利指数(第57回貯蓄経済理論研究会) 105. 1986/12 システム-ワイド・アプローチとトランスログ生産関数(第32回貯蓄経済理論研究会) 106. 1985/10 質的生産指数と生産の効率性(九州経済学会) 107. 1985/06 質的生産指数(第22回貯蓄経済理論研究会) 108. 1984/10 技術進歩率とH.タイルのシステム-ワイド・アプローチ(理論・計量経済学会) 5件表示 全件表示(108件) ■ 学歴 1. 2000/02(学位取得) 明治大学 博士(商学) 2. 1982/04~1985/03 早稲田大学大学院博士後期課程 経済学研究科 理論経済史 博士課程単位取得満期退学 3. 1982/03(学位取得) 早稲田大学大学院博士前期課程 修士(経済学) 4. 1976/04~1980/03 早稲田大学 政治経済学部 経済学科 卒業 ■ 職歴 1. 1995/04~1996/03 明治大学 商学部 助教授 2. 1988/04~1995/03 北九州大学(現北九州市立大学) 商学部(現経済学部) 助教授 3. 1985/04~1988/03 北九州大学(現北九州市立大学) 商学部(現経済学部) 専任講師 ■ 学内役職・委員 1. 2008/04/01~2012/03/31 明治大学 副教務部長 ■ 教育上の業績 ●教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む) 1. 2020/04/01~ 明治大学体育会射撃部部長 2. 2023/04~ 明治大学サークル フラッシュモ部 部長 3. 2019/04/01~ 体同連サイクリスツツーリングクラブ部長 4. 2017/10/21 環太平洋産業連関分析学会第28回において大学院博士前期課程授業「計量経済学特論」の受講生と共同報告 5. 2016/07/03 大学院商学研究科前期博士課程科目「計量経済学特論」の受講生らとオーストラリアの学会で共同報告 ●作成した教科書、教材、参考書 1. 2021/03/14~ 『リスニング行動経済学』五弦舎(オンラインのみ) 2. 2020/12/25 『リスニング現代経済史』水野勝之, 井草剛,土居拓務、楠本眞司(ナレーター:TRYプロジェクト)五弦舎(オンラインのみ) 3. 2020/10/14 『リスニングアベノミクス総括』水野勝之, 井草剛,土居拓務、楠本眞司(ナレーター:友瀬まり)五弦舎(オンラインのみ) 4. 2020/04/28 『リスニング経済学』水野勝之,土居拓務,井草剛(ナレーター:磯貝圭子,北脇一徹,藤田悟,佐山光里,小林エレキ)五弦舎(オンラインのみ) ●教育方法・教育実践に関する発表、講演等 1. 2012/01/28 早稲田大学シンポジウム「社会とつながる学生ボランティア―大学による震災復興支援ボランティアの取り組み」(主催:早稲田大学平山郁夫ボランティアセンター)「明治大学復興支援センターの取り組みから:浦安ボランティア拠点の経験を中心にして―」(早稲田大学西早稲田キャンパス) 2. 2012/02/28 北海道浦幌町地域再生を考える町民フォーラム「大学と連携した地域活性化の成果と課題」(北海道浦幌町教育文化センター) 3. 2009/12/23 北海道浦幌町地域再生を考える町民フォーラム「地域活性化システム論」(北海道浦幌町教育文化センター) 4. 2012/06/13 浅草ロータリークラブ「東日本大震災への明治大学の取り組み」(浅草ビューホテル) 5. 2009/03/28 大妻女子大学さくら茶フェスティバル2009IN大妻シンポジウム「人間の心・さくら茶の心」講演「子育ち、親育ち共育支援プロジェクト」(大妻大学) 5件表示 全件表示(14件) ■ 主要学科目 計量経済学 ■ 所属学会 1. 経済教育学会 2. 2011/03~2015/09 ∟ 理事 3. 2012/03~2012/09 ∟ 経済教育学会第28回全国大会実行委員長(於明治大学) 4. 2013/09~2014/02 ∟ 会長 5. 2016/09~2017/10 ∟ 会長 6. 2016/09~ ∟ 理事 7. 2021/10~2022/09 ∟ 第38回全国大会実行委員長(於明治大学) 8. 2022/10~2023/09 ∟ 会長 9. 1985~ 生活経済学会 10. 2015/06~ ∟ 部会運営委員会委員 11. 経済統計学会 12. 2017/04~ 日本経済学会 13. 2017/01~ Agricultural Economics Society 14. 2017/01~ Cliometric Society 15. 2016/11~ 日本社会学会 16. 2016/04~ ASIAN STUDIES ASSOCIATION OF AUSTRALIA (ASAA) 17. 1985/04~ 九州経済学会 5件表示 全件表示(17件) ■ 職務上の実績 ●実務の経験を有する者についての特記事項 1. 2005/10~2008/03/31 文部科学省現代的教育ニーズ取組支援プログラム「広域連携支援プログラム -千代田区=首都圏ECM(Education Chain Management)-」明治大学事業推進代表責任者 2. 2007/10~2010/03/31 文部科学省社会人の学び直しニーズ対応教育推進事業「広域連携による地方活性化のための潜在的な社会参加ニーズ対応就労促進プログラム」明治大学事業代表担当者 ●その他職務上特記すべき事項 1. 2021/02/22 衆議院財政金融委員会参考人 ■ 社会における活動 1. 2012 生活経済学会第28回研究大会プログラム委員(於明治大学) 2. 2003 日本経済学会秋季大会運営委員 ■ 研究課題・受託研究・科研費 1. 2023/04~2026/03  「英語×経済学×データリテラシー」日中韓から発信するオンラインテキストの開発 令和5年度―令和7年度日本学術会議: 科学研究費補助金基盤研究(C)(科研費)・基盤研究(C)  2. 2019/04~2022/03  英語経済学オンライン教材COREプロジェクトを用いた経済教育と英語教育の連携 基盤研究(C)  3. 2011/04~2014/03  ソーシャル・ビジネスの循環型発展メカニズムに関する研究 基盤研究 (C)  4. 2019/04~2021/03  アジアから世界経済を捉えるオンライン経済学教材の開発 国内共同研究  5. 2013/04~2014/04  都会型空き店舗事業を通しての高齢者問題と環境問題の同時解決 競争的資金等の外部資金による研究  6. 2012/04~2013/03  環境学習を通しての長期的な「親育て」 競争的資金等の外部資金による研究  7. 2011/04~2012/03  都会型空き店舗事業を通してのワークライフバランス問題の解決 競争的資金等の外部資金による研究  8. 2010/04~2011/03  大学を主体とした「『千代田区次世代育成支援行動計画』と『千代田区地球温暖化対策条例』の同時達成モデル 競争的資金等の外部資金による研究  9. 2009/04~2010/03  千代田区における「ワーク・ライフ・バランス」と「ライフ・ワーク・バランス」のモデル作り 競争的資金等の外部資金による研究  10. 2008/04~2009/03  「子育ち、親育ち」共育支援プロジェクト 競争的資金等の外部資金による研究  11. 2007/04~2008/03  「地域の育児力」育成プロジェクト 競争的資金等の外部資金による研究  12. 2006/04~2007/03  千代田区における大学の自問清掃教育の実践とその効果 競争的資金等の外部資金による研究  13. 2005/04~2006/03  e-千代田の推進を通しての新たなコミュニティの形成-「福祉」という経済問題を解決するための一試案- 競争的資金等の外部資金による研究  14. 2005/04~2006/03  大学生の千代田区への貢献活動とその発展の可能性についての提言 競争的資金等の外部資金による研究  5件表示 全件表示(14件) ■ 委員会・協会等 1. 2004/09~2006/05 浦安市市民活動 推進委員 2. 2002/09~2003/07 浦安市図書館協議会 委員 3. 2002/09~2003/03 浦安市教育委員会「浦安の教育を考える懇談会」 委員 4. 1999/07~2002/08 浦安市文化会館運営審議会 委員 5. 1998/07~1999/06 浦安市視聴覚ライブラリー 運営委員 ■ ホームページ    明治大学経済教育研究センター ■ メールアドレス    ■ 受賞学術賞 1. 2013/09 経済教育学会賞(教育実践部門) ■ 現在の専門分野 計量経済学, 理論経済学, 経済統計学(Economical Statistics) (キーワード:経済学)  ■ 担当経験のある科目・講演等 1. 理論経済学(八幡大学(現九州国際大学)) 2. 経済学(明治大学商学部) 3. 経済数学(駒澤大学) 4. 経済数学入門(早稲田大学政治経済学部) 5. 経済統計学(北九州大学商学部) 6. 統計学(八幡大学(現九州国際大学)) 7. 計量経済学(明治大学商学部、北九州大学商学部、早稲田大学社会科学部) 5件表示 全件表示(7件)

超ライジン結果 プレミアリーグ見方 プレイヤードベッドとして ボンズカジノ » 比較 & レビュー » 最大 ¥1000 » 3月 2024 最新
Copyright ©ボンズカジノのソーシャルログイン方法をご紹介! The Paper All rights reserved.