ヴァロラントどんなゲーム

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

English (旧IGS) お茶の水女子大学 menu IGSについて 目的と沿革 事業内容 施設 メンバー 2024年度 2023年度 2022年度 2021年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 研究プロジェクト 2023年度 2022年度 2021年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 イベント情報 2024年度 2023年度 2022年度 2021年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 IGS通信 IGS通信 2024 IGS通信 2023 IGS通信 2022 IGS通信 2021 IGS通信 2020 IGS通信 2019 IGS通信 2018 IGS通信 2017 IGS通信 2016 IGS通信 2015 刊行物 ジェンダー研究 報告書シリーズ 事業報告書 AIT20周年報告 アクセス リンク お問合せ Home IGS通信 IGS通信 2020 セミナー「ブリテンにおけるフランス革命論争:バーク vs ウルストンクラフト」 IGS通信 セミナー「ブリテンにおけるフランス革命論争:バーク vs ウルストンクラフト」 2021.1.22 IGS通信, IGS通信 2020 IGSセミナー「ブリテンにおけるフランス革命論争:バーク vs ウルストンクラフト」 2021年1月22日(金)、「ブリテンにおけるフランス革命論争:バーク vs ウルストンクラフト」と題するセミナーを開催した。ウルストンクラフト『人間の権利の擁護/娘達の教育について』(京都大学学術出版会、2020年)の訳者3人と、ウルストンクラフトが論敵とみなしたバークを専門とする18世紀ブリテンの思想史研究者2人が登壇し、それぞれの視点からの報告とコメントが行なわれた。 写真左から:後藤浩子・梅垣千尋・清水和子(ウルフトンクラスト『人間の権利の擁護』翻訳者) 後藤浩子氏(法政大学)からは、翻訳に至った経緯とご自身の研究関心、ヘーゲルのフランス革命論から始まり、なぜイングランドでフランス革命が起きなかったのかという点で、イングランドにおける代議制民主主義に関心を寄せ、フランスの一般意志とは異なるタイプの、理性と徳に視軸を置いて教育に期待し、理性と感性を引き離すバークを批判したウルストンクラフトの思想の特徴が指摘された。 梅垣千尋氏(青山学院女子短期大学)はまず、『娘達の教育について』で示された、神の完全性へ向かうための理性の鍛錬や徳の習得や、シャポウン『精神の向上についての手紙』への共鳴、『人間の権利の擁護』での革命論争における「反バーク陣営」の戦う女性表象などに触れた。そして、既存の女性論への批判であった『女性の権利の擁護』が著されるのは、『娘達の教育について』という女性自身による女性論があり、また『人間の権利の擁護』においてバークなどの論敵との戦いの実践があったことが示された。 清水和子氏(英語英文学)からは、通俗的な語彙とアカデミックな語彙とが混在するウルストンクラフトの独特な表現について指摘があった。個々の用語、例えばgothicについて、バークが騎士道精神などの習俗を意味する肯定的な文脈で用いたのに対して、当時の小説で使われた通俗的な語彙としては否定的な言葉であり、ウルストンクラフトも粗野や絢爛ながらも悪趣味さをイメージさせる語彙として用いているという対照など、ほかにgallantry、liberalについてもコメントがあった。 写真左から:犬塚元・立川潔(コメンテーター)、板井広明(司会) コメンテーターの犬塚 元氏(法政大学)からは、信頼できる翻訳であり、優れた注と解説からなるという評価の後、ウルストンクラフトをバーク、モンテスキュー、ヒュームと対照させつつ、「平等なふりをする不平等な言説」を批判する彼女の議論から「単線的な・目的論的な歴史観」を脱し、思想系譜についてのジェンダー論的リヴィジョンが必要であること、啓蒙の経済中心史観を脱し、騎士道などを文明化の推進力として捉えることが指摘された。 もうひとりのコメンテーターである立川 潔氏(成城大学)からは、ウルストンクラフトの商業社会批判を中心にコメントがあった。とりわけウルストンクラフトが理想としたのは「自給自足をベースにした独立自営農民」の世界であったこと、商業社会で見られる他者による評価ではなく、「誤りなき理性」への服従と、理性の陶冶による徳の獲得が魂の不滅へと至るという「他者による評価から神による評価へ」という独特な宗教観の下で、自由と平等が構想されたという指摘があった。 質疑応答では、ウルストンクラフトを、スミスやペインなど、商業社会における社交や互恵性の位置付けをめぐる問題、騎士道の評価がハンナモアとバークでは真逆ではないかといった理想をめぐる問題、ウルストンクラフトの宗教観の独自性如何など、18世紀の思想史上のさまざまな問題がとりあげられ、活発な意見交換がされた。 記録担当:板井広明(IGS特任講師) 《参考書籍》 『人間の権利の擁護/娘達の教育について』 メアリ・ウルフトンクラスト 著 清水和子・後藤浩子・梅垣千尋 訳 京都大学学術出版会 2020年8月刊 ISBN:9784814002917 https://www.kyoto-up.or.jp/books/9784814002917.html   《イベント詳細》 【開催日時】2021年1月22日(金)13:30~16:00 【会場】オンライン(zoomウェビナー)開催 【報告者】 後藤浩子(法政大学教授) 梅垣千尋(青山学院女子短期大学教授) 「2作品の文化史的コンテクスト」 清水和子(英語英文学者) 「『人間の権利の擁護』に見るウルストンクラフトの英語」 【討論者】 犬塚 元(法政大学教授) 「ウルストンクラフトのフェミニズムvs.バークのフェミニズム?」 立川 潔(成城大学教授) 「ウルストンクラフトの商業社会批判」 【司会】板井広明(IGS特任講師) 【言語】日本語 【参加者数】89名 Tweet Share +1 Hatena Pocket RSS feedly Pin it カテゴリー Events Events 2015 Events 2016 Events 2017 Events 2018 Events 2019 Events 2020 Events 2021 Events 2022 Events 2023 Events 2024 IGS通信 IGS通信 2015 IGS通信 2016 IGS通信 2017 IGS通信 2018 IGS通信 2019 IGS通信 2020 IGS通信 2021 IGS通信 2022 IGS通信 2023 IGS通信 2024 INTPART News News 2015 News 2016 News 2017 News 2018 News 2019 News 2020 News 2021 News 2022 News 2023 People People 2015 People 2016 People 2017 People 2018 People 2019 People 2020 People 2021 People 2022 People 2023 People 2024 Professor Professor2015 Projects Projects 2015 Projects 2016 Projects 2017 Projects 2018 Projects 2019 Projects 2020 Projects 2021 Projects 2022 Projects 2023 Publication twitter rss Copyright ©  2015 お茶の水女子大学ジェンダー研究所 〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1  Tel. 03-5978-5846 Fax. 03-5978-5845  All rights reserved. ページ上部へ戻る

ヴァロラントどんなゲーム winnerサッカーオッズ stakef1 【2024年最新版】スポーツベットアイオーの特徴と評判 良い点と ...
Copyright ©ヴァロラントどんなゲーム The Paper All rights reserved.